News RSS



--サンシャインビタミン--

紫外線からお肌を守ることが習慣化している私たちだけれど、 日光にあたることで、体内で作られるビタミンD、 心をポジティブにするセロトニンの分泌、 自然の力が与えてくれるパワフルなサンシャインビタミンが大好き。 太陽の下、心も身体も健やな時間を意識したい・・ 日焼け止めはシーンに合わせたSPF/PA値を選んで、 アフターケアーは鎮静作用の高いRuのオイルをチョイスして。  

続きを読む



-私たちにできることを-

環境への貢献を推進していると信じる非営利団体に 収益の一部を寄付していくことが、 Ruにできる一つの事と信じています。 9/16/20にセラムオイルの販売を初め、2020年度の売上げ・・・ スモールビジネスで些細ですが実行することが出来ましたことを ご報告いたします。 共に、自然に感謝出来る心を育んでいきましょう。

続きを読む



Daily use CBD // 毎日使えるCBD  🌱

ヘンプから抽出されるCBDは米国内50州で承認され、鎮静作用も含め多彩な効果が認められ最も成長を続けている成分の一つです。 日本でもヘンプは1000年以上に渡り自然成分として愛され続けています。 Ruでは、加州オレゴンで生産されたヘンプの種、茎から抽出したアサ種子オイルを使用しています。 覚醒作用を引き起こすTHC(一般的いマリファナと呼ばれている覚醒を引きおこす成分)は使用されていませんので安心して日常でご使用いただけます。 🌱

続きを読む



CBDとは?

カンナビジオール(CBD) とは大麻草の花穂の樹脂の中にできる天然の化合物です。 大麻草には、何千年も昔から薬として使われてきた長い歴史があります。現在、CBDが持つ健康効果が、世界中の科学者や医師によって試され、実証されつつあります。 CBD とTHCの違い 大麻草から採取できる「有効成分」には主に2種類あります。1つは、葉や穂から抽出されたTHC(テトラヒドロカンナビノール)。そしてもう1つが、茎や種子に含まれるCBD(カンナビジオール)です。 私たちがイメージする「大麻(マリファナ)」は前者の「THC」のことで、幻覚作用や多幸感をもたらします。 CBDとTHCはどちらも強力な治療効果があります。ただし、THCと違ってCBDは使ってもハイになったり陶酔感を覚えたりはしません。これはCBDとTHCが、脳と体全体にある受容体のうち、異なったものに異なった形で作用するためです。 実際に、THCと一緒にCBDを摂取すると、二つの割合によって、CBDはTHCによる精神作用を弱くしたり軽減させたりすることができます。 CBDには強力な治療効果があり、陶酔感を引き起こさず、CBDオイルとして簡単に摂取できるので、カンナビスを試してみたいと思っている慎重な初心者に適した選択肢と言えます。 CBDの効果・効能 CBDは、人間の身体調節機能と呼ばれる老化や記憶、免疫調整、感情抑制、神経保護、運動機能などの調整を行っている機能に働きかける効果があります。現在までに多くの臨床試験が行われ、抗ガン効果や抗炎症、鎮痛効果など様々な効果がある事がわかっています。 CBDは、人間の生物学的な機能に深いところで働きかけることで、慢性疼痛、不安、炎症、うつ病、その他さまざまな疾患に効果を発揮します。 自己免疫疾患(炎症、リウマチ性関節炎など) 神経疾患(アルツハイマー病、認知症、パーキンソン病、多発性硬化症、てんかん、ハンチントン病、脳卒中、外傷性脳損傷など) メタボリック症候群(糖尿病、肥満など) 神経精神病(自閉症、ADHD、PTSD、アルコール依存症など) 消化管疾患(大腸炎、クローン病など) 心血管機能障害(アテローム性動脈硬化症、不整脈など) 皮膚疾患(にきび、皮膚炎、疥癬など) CBDは合法なの? マリファナとは成分が違う、とわかっても大麻草の成分である事に変わりはないため、合法なのか気になるところですよね。現在のところ、日本ではCBDを規制する法律はないため、CBD製品を安心して使用することが可能です。しかし、海外では地域によって規制されている事項がある所もあります。注目されている成分であるため、今後ルールが決められる事も想定しておきましょう。 CBDはどのように使用されているの? 原料から成分を抽出し、溶剤を取り除いたCBDオイルは、精製してさまざまな製品を作ることができます。たとえばエディブル、ティンクチャー、ジェルカプセル、ベープオイル・カートリッジ、トピカル(局所薬)、飲料、その他色々です。

続きを読む